『土徳の世界』 『土徳の世界』
PROFILE BBS LINK E-MAIL 『土徳の世界』
『土徳の世界』

 

 東京のみなさまへ!!

映画『望郷−広瀬小学校原爆犠牲者をさがして』が、このたび東京で初公開されることになりました。

5月4日(休)15:20より小岩のメイシネマ祭で上映!
[場所]
 小岩コミュニティホール  (小岩図書館2F)
 JR総武線小岩駅/南口サンロード8分
[鑑賞券]
 予約・1000円  当日・1200円
[問合せ先]  メイシネマ上映会・藤崎
 TEL/FAX  03−3659−0179

メイシネマ祭
http://homepage2.nifty.com/creatoise/maycinema/

当日、私も上京します。どうぞご高覧いただければ幸いです。

                      青原さとし


 『望郷』第二の故郷へ!

『望郷』の中に昭和20年当時、広瀬小の疎開児童であった方々が登場する。広瀬小・寺町地区の集団疎開児童は、当時、広島市内から約50kmはなれた広島県の県北・三次市志和地という農村へ行った。児童たちはここで8・6を迎え、以後、引率の先生が広島にいる各児童の家族の生死を確認するまで、約3ヶ月間不安な毎日をすごすことになる。

映画では志和地の寄宿舎であった専正寺に何年ぶりかで訪ねるシーンがある。まだこのお寺に当時の住職の奥さんや弟さんが健在であった。撮影時では、なんとなく同行したが、映画でけっこう重要なシーンになっている。

このお寺さんは、先日の上映会にもきていただき、なんとかうちの本堂で上映できないかという打診があり、それが来る11月2日に実現されることになった。

当日、私は、上映会終了後、即座に同じ県北の戸河内町小板で予定の神楽(深夜オールナイト)の撮影がある。
『芸州かやぶき紀行』の撮影だ。
三次と戸河内を往復せなばならずこの日は、ヘビーな1日になりそうだ。

以下、お寺さんが作った上映会のチラシから。

■■■■■■■■映画上映会のご案内■■■■■■■■■■

『望郷−広瀬小学校原爆犠牲者をさがして』

今から61年前この志和地に広瀬小学校の生徒たちの生活がありました。市電が行き交い、商店に囲まれた広瀬町から、子供たちは集団疎開として親元から離れ、この志和地で、生活をしていました。そして8月6日を迎えます。原爆によって子供たちは 親を失い、焼け跡へ放り出されます。
映画監督青原さとしさんによる『望郷−広瀬小学校原爆犠牲者をさがして』はこの疎開児童たちの物語です。その中で専正寺は重要な役割を持っています。このたび専正寺ではこの映画が横川シネマで公開されたのを機に、その一場面でもある専正寺本堂で上映会を企画しました。ぜひ皆さんで、六十年という時の流れの中で、何があったのかを感じていただければと思います。

日時/11月2日(木)
   午後6時よりお勤め
     6時半より 監督・出演者のトークショー
     7時より「望郷」上映
     9時 終演

入場/無料

場所 専正寺本堂
広島県三次市上志和地480-1
TEL0824-68-2810
※当日は草団子などの軽食をご用意します。


 10月9日(祝・月)まで、横川シネマ上映延長が決まりました!

『望郷』の上映期間延長が決定しました!
今度はレイトショーもありますよ。

 10月7日(土)10:30(1回のみ)
    8日(日)10:30 20:50
    9日(祝)10:30 20:50

この上映でお客さんは、多いときは多いのだが、やはり寂しいときが続く。なのに問い合わせ電話が連日多いらしい。
やはりタイムテーブルが問題なのか。

今回の延長は、よこしねさんの大決断だ。
とにかく問い合わせがあるのだから観たい人にできるだけ観てもらいたいと彼の判断である。
大変ありがたいことだ。

この決断がなんとか正解であってほしい。


 9月28日(木)毎日新聞で紹介されました

映画にも登場し慰霊碑建立に尽力された吉森巌さん(写真)。
9/28付けの毎日新聞で紹介されました。
映画では触れていない吉森さん独自の被爆体験も語られてます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hiroshima/news/20060928ddlk34070386000c.html

これはHPがないのですが、9/27にも「読売新聞ひろしま県民情報」にも『望郷』が大きくとりあげられました。


 9月23日(土)トークショー&ティーチン報告!
当初、台風のためかと思ったが、それにしても映画に来るお客さんの波は激しく読めない。
17日の新屋まりさんライブをのぞいて、いまいち寂しい場内だったが、21日頃から徐々ににぎやかになって、22日は下降線、しかし今日は大分増えた。
もともとトークと草団子試食会という触れ込みもあったためもあるが、イベントがあることを知らず来られた方もあるのでそれだけではないようにも思える。
これから、さらに波にのってほしい。

映画の中では終戦後の広瀬小児童たちの空腹を満たしてきた草団子という食べ物を再現、試食するシーンがある。
海岸の町・江波で作られてきた江波団子は、海草を使われるが、草団子は、鉄道草やヨモギなど被爆後、真っ先に生えてきた雑草で作る団子である。米糠粉と鉄道草、小麦粉で作る。

映画では、触れていないが、この団子には、おもしろい逸話がある。かつて寺町の一角に餅屋さんがあり、昭和21年頃この餅屋で、草団子を売っていた。草団子は飛ぶように売れ、毎日完売だったという。その草団子を製造し仕入れていたのが、いまのカルビーの社長なのだそうだ。「かっぱえびせん」で一躍大企業に成長したのは、この草団子あたりに原点がありそうだ。
という「プロジェクトX」ネタ。

今回、その話をすると場内がけっこうざわめいた。意外に知られていない話みたいだ。

トークのゲストは広瀬小出身の戦後世代である菅さんと森井さん、そして映画に出てきた寺田さん。
特に寺田さんは、疎開児童として映画で語りきれなかった部分をさらにおぎなってくれ、お客さんの中には涙をすする人も何人かおられた。
場内には、映画でてくる地区とは別の地区の疎開児童経験者がおられ「わたしゃあ、何々先生じゃった」とさらに詳細な思い出話が展開した。あまりにもローカルになり過ぎてきたのでそのへんで終わりにした。

地域史には、掘り出せば掘り出すほど際限なくいろんな話が出てくるからやめられない。っていうかこれからますます泥沼状態になりそうだ。

ところで同じ日『チーズとうじ虫』の加藤監督とのトークも行った。加藤さんは想像通り繊細な感性の持ち主だった。お客さんにはどう写ったかわからないが、なんとかうまく行ったのではないだろうか。

それにしてもこの作品も今日が封切りなのに大変寂しい。
広島の皆さん、ぜひ『チーズとうじ虫』もご覧になってほしい。こういう映画が公開されるチャンスは少ないと思いますので。大変な力作でっせ!


 9月23日(土)トークショー&ティーチン内容が決まりました!

 15:40『望郷』上映
 17:25トーク「広瀬のいまむかし」

  戦後生まれの広瀬小出身者(菅、森井両氏)や映画に出た 戦中派の方々(約2人)を迎え、映画の感想や戦中戦後の広瀬地区が
  どのように変貌していったか、また住民として 広瀬地区今後を話していきます。
  また当日映画に登場した草団子の試食会も行います。
  草団子とは、終戦直後食料がない時代、焼け跡にいち早く生えてきた鉄道草やヨモギで作った簡素な団子です。
  いわば救荒食です。
  広瀬地区のばあちゃんたちが今回のイベントを盛り上げ ようと丹精込めて作ってきてくれます!
  地元の広島人の皆さん、焼け跡に生きてきた世代の苦労の 一端を「味わえる」ひとときです。どうぞお越しください。

 18:25頃終了

  なお、この日から横川シネマでは傑作ホームドキュ『チーズとうじ虫』が封切りされます。
  この日には、監督の加藤治代さんも来広され私が司会を務めトークショーがあります。
  私も試写で見ましたが、娘である加藤監督がお母さんを撮りながら
  「生」と「死」について謳いあげたまさに生命賛歌といってもいい、観る人を励ましてくれる映画です。
  父親を撮影したことある私も共感すべきことが多い作品でした。『望郷』と合わせてぜひご覧ください!

  『チーズとうじ虫』9/23(土)〜10/6(金)
  ・9/23(土)13:00(上映後、加藤治代監督トーク)/18:40
  ・9/24(日)〜29(金)12:20/18:40
       ※9/28(木)は18:40なし
  ・9/30(土)〜10/6(金)12:40/18:40
       ※10/1(日)は18:40なし

  http://chee-uji.com/


 9月17日(日)新屋まりさんミニライブ終了!

 ライヴは、予定通り広瀬の人たちも舞台に上がって校歌を斉唱。盛り上がりを見せた。
 詳細は新屋さんが日記に詳しく書いてくれた。
 http://www.geocities.jp/niiyamari/essey0909.htm


 マスコミ各社で『望郷』を取り上げていただきました!ありがとうございます。

中国新聞掲載記事
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200609010001.html
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200606140014.html

朝日新聞広島版掲載記事
http://mytown.asahi.com/hiroshima/news.php?k_id=35000160609140002

毎日新聞掲載記事
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hiroshima/news/20060928ddlk34070386000c.html

読売新聞
9月27日 「読売新聞ひろしま県民情報」にも『望郷』が大きくとりあげられました。

9月14日 RCCニュース18:30から『望郷』紹介

9月21日 NHKローカルニュース朝7:30から『望郷』紹介

 

 
>>前のページに戻る <×>ウインドウを閉じる