『土徳の世界』 『土徳の世界』
PROFILE BBS LINK E-MAIL 『土徳の世界』
『土徳の世界』

土徳トップページ
新着情報
作品案内
映像・歴史
劇場案内
聞き撮り日誌

安芸国人・聞き撮り日誌

 
2004年 序文 4月 5月-1 5月-2 6月-1 6月-2 7月 8月-1 8月-2 9月-1 9月-2 10月
 

安芸国人・聞き撮り日誌・序文


●2004年2月

   

     

    原爆投下直前のエノラゲイをみた
        武田道哉さん(誓立寺住職) 往生








●2004年3月



        灯篭作りの名人
            山崎良江さん 往生






広島へ帰った途端、相次ぐ訃報だった。これで『土徳』でお世話になった物故者は6人になった。







        黒川武さん              西沢花子さん             谷口フサコさん


父親の言葉を思い出した。

土徳はなくなる。 なくなる。
じゃがまだ当分ある。
その地域の人々の心ずーっと焼き付いとるけえ、
ここで育つものに影響を与えるわけ。
ところが、そういう人々が、だんだん死んでいく。
そしたらなくなる。 力もないなってくる。
影響もあたえられんようになってしまう。
じゃけえ、その力が続くかぎり少しづつでも影響を与えることができる。それが土徳。


映画を観たお客さんには、私の父親の「土徳はなくなる」という言葉に衝撃をうけるかたが多かったように思える。
しかし私はこのインタビューを聞いたとき、その後に続く「その力が続くかぎり少しづつでも影響を与えることができる。」という言葉になにがしかの光をみた思いをした。

私はあきらめない。

私はこれから広島を拠点にさらなる「土徳」の意味を探求しつつ、様々な人を訪ねていこうと思っている。
戦前戦後を生き抜き、安芸という風土・「土徳」を「土徳」たらしめた人たちは、今、風前の灯火である。
ことは急務を要するのだ。
この日誌は、月1回の連載形式で、安芸地域を中心とした日本各地に暮らす古老の方々を、私自身が訪ね歩き、映像記録をし、可能な限り生の言葉で記述していくフィールドノートであり、「土徳・第二部」完成への足がかりとなる製作ノートである。

                                                       2004年5月11日青原さとし