『土徳の世界』 『土徳の世界』
PROFILE BBS LINK E-MAIL 『土徳の世界』
『土徳の世界』

ドキュメンタリー映像作家 Documentary Filmmaker

青原さとし[法名:慧水(えすい)]
Aohara Satoshi (Buddhist name:Esui)

1961年広島のお寺・真光寺に生まれ育つ。

1985年

龍谷大学仏教学科卒業。

1987年 映像を志し上京。イメージ・フォーラム付属研究所卒 第10期生。
8mm映画「異安心の帰郷」「そらごとたわごと」など自分の生まれであるお寺をテーマとした作品を製作するが、すべて失敗、未完成に終わる。
1988年 民族文化映像研究所入所。
所長・姫田忠義に師事し、日本列島に伝わる様々な庶民の生活文化の映像記録作業に関わる。
主な演出作品
『赤山渋』『桧原村の式三番』『山の獅子舞』『七島正月とヒチゲー』『上岡観音の絵馬市』『畔吉の万作踊り』『ガジュマルの樹』他
>> 民映研HP
http://www31.ocn.ne.jp/~minneiken/
2002年 民族文化映像研究所退所。フリーとなる。 〜以後、半年間『土徳』の編集仕上げに専念。
2004年

地元・広島に戻り、「地域の足元から見つめなおす」をモットーに映像作業を模索中!

代表作
 『土徳−焼跡地に生かされて』(劇場公開第一作)
 『雪国木羽屋根物語』
 『山踏み−森林再生への道』

2005年 ヒロシマ平和映画祭実行委員会代表。
>>ヒロシマ平和映画祭HP
http://www33.ocn.ne.jp/~dotoku/HPFF/
2006年 『望郷〜広瀬小学校原爆犠牲者をさがして』
9月15日(金)〜10月6日(金)横川シネマにて公開!

 ※現在撮影中作品
 『土徳第二部』
2007年 第2回ヒロシマ平和映画祭開催。

『藝州かやぶき紀行』
9月22日(土)〜9月28日(金) シネツイン1にて公開!
>>前のページに戻る <×>ウインドウを閉じる